pyfaのFitをゲーム内で開く方法

前回はEFTの話しでしたが、今度はpyfaです。

FittingツールといえばEFTとpyfaが有名です。
機能としては二つともとても充実していて優劣つけがたいです。

大きな違いは以下の2点でしょうか。

■動作環境
 EFT:Windowsのみ
 pyfa:Linux、Mac、Windows

■ソース
 EFT:非公開
 pyfa:公開

APIも登録するツールなのでソースの非公開、公開は気にする人は気にするのでしょうか。
私はどっちも使ってますがw

では、本題のpyfaのFitをゲーム内で開く方法です。

  1. まずpyfaでいつものようにFitして
    pyfa01
  2. Fitが完成したら、左上の「File」>「Export HTML」をクリック
    pyfa02
  3. 次に「Windows」>「Preferences」をクリック
    pyfa03
  4. 表示されたウィンドウの「HTML Export」をクリックし、右に表示されたパスを右クリックして「Copy URL」をクリック
    pyfa04
  5. EVE Onlineを起動し、ゲーム内ブラウザを起動
    EFT04
  6. ブラウザが起動したらアドレス入力欄でCtrlキー+Vを押して、4でコピーしたパスを貼り付ける
    ※特にきにせずCtrl+Vを押せばOK
    pyfa05
  7. そしてエンターキー押すと!
    pyfa内のすべてのFitが一覧で表示され、リストをクリックすると、ゲーム内装備表示形式で表示されます。
    pyfaは検索もできるみたいですね。

    このページをBookMarkしておくといいです。
    pyfa内でFitを更新した場合は2の「Export HTML」を実行すると最新のデータに反映されます。
    Preferencesで自動でHTMLを更新するようにもできるようですね。
    pyfa06

  8. 注意点
    URLに日本語(マルチバイト文字)が入っていると表示されません。
    良い例:file:///C:\EVE_tools\pyfa\pyfaFits.html
    悪い例:file:///C:\Users\”やまだたろう”\Desktop\pyfa\pyfaFits.html
    以上です!!
Well done?Tweet about this on TwitterShare on Facebook0Share on Google+0

You may also like...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>