信じれば道は開ける

 

お久しぶりです。

今回はWHのルート開拓にまつわる「出来すぎた」エピソードを2つ紹介します。

 

1.新たなWHへの移住

前回のブログにも書いたとおり、当社は敵性によるPOS破壊によって一度WHから撤退しています。

これ

当時のブログにも記載したとおり、ほぼすてべの船は接続先のハイセクに移せたのですが、新たな移住先として確保したWHに、大量の船を運ぶのに難儀していました。

ある日、確保したWHからスカウトしていると、WHをひとつ経由してハイセクにつながったのですが、そのハイセクというのが一時避難として船を大量に保管していた場所だったのです。

移住

図解

このルートにより、移住先のWHへの船の搬入はもの2時間程度で終わったのでした。

こんな都合の良いことはめったに起こらない奇跡だと思っていたのです。

 

2.アライアンスNullsecローミングフリートへの合流

Ecoasはいつものごとくスカウトをし、アライアンスメンバーはNullsecへ遊びに行っていたときの話。

ハイセクからNullへ直通のWHを発見し、侵入してみたところ、アライアンスメンバーがローカルに居るのを発見。

何でこんな偶然が起こるんだと思っていたところ、ローカルにアライアンスメンバーが続々と増えてきた。

これは何か捕まえたのでは!!と思い、TS(ボイスチャットツール)のチャンネルとフリートを移動してみたところ、ラトルスネークを捕まえていた。

自艦はヘリオスだったが、ドローンを積んでいたので、ここぞとばかりにキルに便乗した。

キルボード

Nullsec

図解

以前より、EcoasはWHを通じてどこにでも現れると、アライアンス内(Vox時代含む)と言われていました。

が、まさかこんな合流の仕方をしてくるとは思ってなかったようで、若干アライアンスメンバーが引いていたのを覚えています。

というか、自分もびっくりですよ。

 

■PR

ECOASではWHの売却事業も行なっています。WHに住んでみたいという方、条件を提示して貰えれば無人WHを探しておきます(有料)。

ある程度の教育もできます。まずはご相談ください。

 

 

Well done?Tweet about this on TwitterShare on Facebook0Share on Google+0

You may also like...

1 Response

  1. clare mittermeyer より:

    素晴らしいですね。
    FESTAはどうしてもインプラのことを考えて侵入をためらってしまうんですが、本来はもっと活用していくべきですよね。
    まあ、WHノウハウ獲得するまでに犠牲が出るとは思いますがw

clare mittermeyer にコメントする コメントをキャンセル

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>